お知らせ | 三重県四日市市から岐阜・愛知のネットワーク、LAN、電話工事を対応「三興通信㈱」求人募集中

お問い合わせ

お知らせ

NEWS

警備業法と監視カメラのしくみについて

  • 2021/05/20

夜間や休日で、建物内に人がいないときに外部からの侵入者を検知して
警報を発したり、警備会社に通報したりするのが「機械警備設備」の役割です。

出入口や通路、店舗内、エレベーター、駐車場などに監視カメラを設置して
人の出入りや不正な行為を監視して、犯罪を抑制します。

監視カメラは、その場所と目的に応じて
いろいろな機能を付加することができます。

夜間の暗い場所を撮影する場合には
カメラに照明用のライトをあわせて設置したり
赤外線カメラを使うケースもあります。

1台のカメラで広い範囲を監視したり、状況に応じて拡大したいときには
カメラを上下に動かすための架台や
電動ズームレンズを用いると、それが可能です。

いずれも映像を記録でき
ビデオテープやハードディスクに残すことができます。

また、監視カメラのなかには、実際にはカメラとして機能していない
「ダミーカメラ」というものがあります。
これは、見た目は本物そっくりに作られていますが
カメラとしての機能はありません。
威嚇効果を目的として設置されるカメラです。

複数の監視カメラを設置している施設では
あまり重要度の高くない場所には、ダミーカメラを設置して
コストダウンを図るケースもあります。


三重県四日市市にある「三興通信株式会社」では
コンビナートなどの工場、大学、オフィスビルや病院などにおける
LAN工事や電話内線工事、それに伴う低電圧工事や各種電気工事を行っております。

お問い合わせはこちらから



 

Copyright © 2021 三興通信株式会社 All rights reserved.